陰毛処理の前に、毛周期を知ろう

陰毛を処理する際に知っておきたい事があります。それが毛周期。

「しっかりと脱毛したはずなのに、スグに生えてきてしまった!」

という経験を、ワキ毛やスネ毛で経験していませんか?

スグに生えてきてしまうと言っても、実は同じ場所から毛が生えているわけではありません。しかし、そう感じてしまうのは毛周期が関係しているからなんです。

私たちの体に存在する毛の総量を100%とすると、実際に目に見える範囲で現れているのはそのうち30%ぐらいだと言われています。つまり残りの70%は体内でお休みしているという事になります。

毛は、「成長期」「退行期」「休止期」というサイクルに従って動きます。「伸びて→抜けて→一休み」というサイクルですね。このサイクルは、もちろん陰毛についても同じ事が言えます。

陰毛を処理する場合、休止期にある毛については脱毛処理をする事ができませんから、成長期の陰毛を中心に処理していく事になります。

陰毛の毛周期における休止期は1年から1年半程度と言われています。男性のひげ(休止期10週間)や腕(休止期3〜4ヶ月)に比べるとだいぶ休止期が長いですよね。つまり、これらの毛に比べて陰毛処理はかなり長いスタンスで考えていかなければならないという事です。

ただし、これらのデータはあくまで目安です。実際の毛周期は人それぞれ異なりますし、各医療機関によってもデータは異なります。一度脱毛専門のクリニックなどに足を運び、毛周期について詳しく聞く事をオススメします。

レーザー脱毛などをする場合、クリニックに何回も通わなければならないのは毛周期が関係しているからなんですね。